ゲストに配る為の引き出物ってどんなスケジュールで用意したらいいの?

余裕を持って準備しよう!

結婚式に呼ばれたゲストは、披露宴で振る舞われる特別感のある料理や引き出物に期待をかけるものです。料理は食べたらすぐになくなってしまいますが、ずっと形として残る引き出物もちゃんと考えて決めましょう。ホテルや専門式場など、どこを結婚式場にするか決まったら本格的な結婚式の準備が始まります。招待したいゲストのリストアップや披露宴会場の飾りつけに演出、ペーパーアイテムの手配など、細々とした事柄まで決めていかなくてはいけません。引き出物は今でもその地域によって細かいしきたりなどが残っているので、両親たちに相談しながら決めて下さい。スケジュール的には結婚式の4か月くらい前から情報収集を始めるといいですよ。特に結婚費用を両親に出してもらうカップルは、ちゃんと引き出物について聞いておいた方が後で揉めなくて済みます。

招待状の返信があった後は

招待状の返信がどれだけ来たかどうかで、自分たちの結婚式に来てくれるゲストが正式に確定します。つまり、どれだけ引き出物の数が必要なのかがこの時に判明するわけですね。ギフト専門ショップや百貨店などに引き出物を注文する目安は大体結婚式の一か月前なので、招待状をこれよりも前に送っておきましょう。品ぞろえやサービス面などを考えると引き出物専門店で注文するとスムーズに進みます。これ以外のお店で買うなら、結婚式場まで納品してもらえるか聞いておくと便利です。バームクーヘンや紅白まんじゅうなどの引菓子の賞味期限の確認も忘れずに。

福岡の結婚式場では、様々なプランが用意され、新郎新婦の夢や希望を叶えるためにプランナーが様々なアドバイスを行ってくれます。一生に一度の結婚式を、素敵に実現しましょう。