和装の結婚式にも人前式はある!一味違った演出をしてみよう!

和風の結婚式も進化しているんです!

結婚式にも時代によって流行り廃りがありますよね。昔は珍しかった演出も、今では定番化しているものもあれば、その逆も少なくありません。一生に一度の結婚式に対する価値観も、その時代の社会情勢や経済状況の影響を受けてどんどん変化しています。挙式スタイルにも時代ごとに変化があるんですよ。トップクラスの人気を誇っているのはいつの時代も教会式ですが、最近は自分達のやりたいようにできる人前式や、神社や寺院で行われる和装婚も好まれるようになっています。特に人前式は教会式に次ぐ人気を集めているんですよ。

人前式と聞くと、ウエディングドレスとタキシード姿の新郎新婦が、最新の結婚式用の演出を取り入れて、堅苦しくない和気あいあいとした雰囲気で行うものだというイメージが強いのではないでしょうか。でも、人前式にも和装で行うタイプがあるんですよ。演出も、伝統的なものを現代的にアレンジしたものから、和装人前式の為に新たに考案されたものまであります。

雅で新鮮な雰囲気がある演出はこれ!

和装人前式で人気がある演出の一つが、貝合わせの儀です。貝合わせは、元々は平安時代に絵の描かれたハマグリを使ったゲームとして流行していました。ハマグリの絵柄はペアになっていて、別の絵柄のハマグリとぴったり重なることはありません。この特徴をうまく活かした演出です。貝合わせの儀を行う場合は、新郎は男性の絵が描いてある貝を、新婦は女性の絵が描かれた貝を持ち、2人でこれを重ね合わせます。難しいルールはないので簡単ですね。

神奈川県にある鶴岡八幡宮で結婚式を挙げるのは、とても人気かあります。日本の伝統的な神前式が行えます。