指先できらめく、石付きのお洒落な結婚指輪が欲しい!

結婚指輪も変化している?どんなものがあるの?

大粒のセンターダイヤと、派手で人目を惹くデザインが特徴的な婚約指輪に対して、これから長い時間を共にすることになる結婚指輪はスッキリしたデザインのものが多いですよね。でも、ブライダルジュエリーのお店に見学しにいくと、結婚指輪もダイヤありの華やかなデザインのものが増えていることに気づかされます。実際に、結婚指輪に関連したアンケート調査でも、新婦はダイヤや真珠などの宝石付きの結婚指輪を選んだ人の割合が高いんですよ。

その一方で、男性サイドの方では、今でも石付きではないシンプルなデザインの方を好む傾向が見られます。夫婦で結婚指輪のデザインに少しだけ違いを出したい時に、ダイヤモンドなどの石の存在を活用してみたらいいのではないでしょうか。

一石も多石もどちらも魅力的!

石付きの結婚指輪によく使われているのが、ダイヤモンドです。ゴールドやプラチナなど、ブライダルジュエリー用によく使われる金属と見た目の相性もよく、耐久性も高いので色々な理由でぴったりだと言えますね。ダイヤモンドありの結婚指輪のデザインは、一粒だけ小さな石を中央に配置した一石と呼ばれるタイプの他に、3つのダイヤモンドを並べたスリーストーン、アーム部分をたくさんのメレダイヤで飾ったエタニティなどが有名です。エタニティリングと似ていますが、0.25カラット以下の非常に小さいダイヤだけを散りばめたパヴェもあります。

まずどのタイプの結婚指輪にするか決めてから、より細かいデザインの違いやブランドの知名度などを考慮しながら、何を買うか決めていけばいいでしょう。

結婚指輪を選ぶポイントは、飽きのこないデザインにすること、妥協しないことが大切です。一生の思い出となる高価な買い物です。パートナーとよく話し合い、満足のいく指輪を選びましょう。