V&Xでメリハリ!くびれたウエストラインを実現するドレスで結婚式もバッチリ

美しいドレス姿で晴れの日を迎えよう

結婚式で着るウエディングドレスは、当日の演出の一つといってもよく、ただただ、自分の好みだけで選ぶというわけにもいきません。エレガントなドレス姿に欠かせないのが、キュッとしまった細いウエストです。それを可能にするのが、ケープとスカートのプリーツが描くXラインと上半身のレースがウエストで絞られてから裾に広がることで描かれていくXラインです。純白のミカドシルクと仏製のビーズやスパンコールと刺繍を施したレースを使用する贅沢なAラインのドレスは、デコルテを美しく見せるV字のケープもエレガントで、二の腕をほっそりとみせてくれますよ。理想のボディラインをしっかりとメイクしていきましょう。

背中のVラインで引き締め

フロント部分がXラインなら、バックはVラインで、ウエストを引き締めましょう。オフショルダーからウエストにかけて描く、Vラインに加え、リボンやモチーフで胸の中央に、より視線が集まるようにすると細さが強調できますよ。花嫁の肩を包む、仏製のコードリバーレースの刺繍に魅了されるドレスは、フリルとフラワーモチーフ、レーストレーンの優美なシルエットを描き出してくれます。

また、光沢のある生地のドレスは、重厚感のある会場では陰影ができやすいので、シャドー効果でウエストがよりシェイプされて見えるでしょう。大胆に背中が開いたドレスも、放物線のラインで、ウエストを引き締めてくれるのはもちろん、脚長効果も期待できますよ。VラインとXラインを意識してドレスを選んでいくといいでしょう。

大阪の結婚式場はとても多くありますので理想の挙式を行える環境が揃っている式場を見つけ出せる地域です。